スバラ式世界

tokura.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 10日

ややウケ

相手の肩をとんとんと叩いて知らんふりする。


小さい頃、友達に対してやったことはないだろうか?


俺もやった記憶はある。



どうってことないけど、昔はこんなもんでちょっと面白かったりもしたわけだ。


ただし、それはあくまでも知っている人に対してやるものだろうという俺の考えは覆された。


今日のバイトでのこと。


俺はパチンコ屋でバイトをしている。


時間は十時ごろ。このくらいになると、客の数はまばらになってくる。



そこへ、一人のおじいちゃんが入店してきた。



おじいちゃんはおもむろにパチンコをしている客の肩を叩いた。



俺は「あ、知り合いなのかな?」と思ってみてたんだけど、どうも感じがおかしかった。



叩かれた人はちゃんとおじいちゃんの顔を見たはずなのに、首をかしげている。



当の本人は何食わぬ顔でスタスタと別のコースにあるいていった。



ちょっと面白かったので、俺はそのおじいちゃんの行動を観察することにした。



その後も台を見るでもなく、店内を歩き回り、ふらふらしていた。



そしてもう一度、今度は女の人の肩をトントンと叩き、またスタスタとその場を去っていった。



もちろん、女の人は何?みたいな顔をしていた。



その後もパチンコ自体に興味がある様子はなく、少しウロウロした後でそのまま帰っていった。




じじいは確実にこのためだけに来ていた。



俺にはわかった。




しかしなぜ?



そんなには笑えない。



嫌味な年寄りの楽しみか?



なにはともあれ、



やや、ウケた。
[PR]

by tokura_yo | 2005-07-10 02:35


<< コンビニ的夫婦漫才      かさぶたのこころ >>