スバラ式世界

tokura.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 24日

最近はまっていること

最近バイト先の先輩の影響でダーツにはまりだした。



何だ、ダーツと思うことなかれ・・・色々なゲームの種類がありとてもおもしろい。



これまでことごとく何かを始めるにあたり形から入ってきた俺ですが、今回も例外ではなく、



一回やってマイダーツを買った次第であります。




そして今日!



とうとう買っちゃいました。



マイダーツ板。



こいつは相当優秀です。
d0062712_3572176.jpg



これからとことんやり込みダーツバーに乗り込んで行きたいと思います。
[PR]

# by tokura_yo | 2005-10-24 04:01
2005年 09月 23日

カミングアウトな人

俺のバイトに24歳の女の人が入ってきた。


失礼だがその人のことを女としては見れない感じのビジュアルとして想像していただきたい。



そんな人がある日バイトが終わり、用意されている夕ご飯を食べ終わったころに、食堂でポツリと言った。



実は自分、男なんですぅぅ。



一同  ・・・・・・は?



その人は、女としては見れないが、確実に女である。


お母さん牛?と聞けるほどに胸もある。




どういうこと?



だから、体は女ですけど、心は男なんですぅぅ。



いわゆる性同一性障害というやつらしい。



昔のキンパチ先生で上戸彩が演じていた役そのものということだ。



一同  ・・・ええええぇぇぇぇ!!!!



そら女としては見れなかったけど、男だったとは・・・


しかもそんな重要なことをこうもさらっといいのけるとは・・・



その後から、自分のことを、俺ねーといい始めたのが軽く笑えた。



しかしカミングアウトな人。これだけでは終わらない。


実はねー俺の彼女ねー男なんすよ。



一同  ・・・・は?



だからねー言ったら俺の逆で、体は男なんすけど、心は女なんすよ。



一同   ・・・・なるほどねぇ(なぜか一同、感心しはじめる)


彼女が彼氏で彼氏が彼女・・・もう訳わからんわ!


笑って良いものかわからなかったが、とりあえず皆結構笑ってた。



まぁこっちが深刻に受け取るより、軽い感じのほうが本人も楽だろうし・・





そして調子に乗り始めたカミングアウト男(仮)





いやね、俺ねー日本人でもなくてねー在日朝鮮人なんすよー



一同  へぇ・・・(ここらへんでは在日が多いからと最初のカミングアウトに比べるとたいしたことないので皆関心薄。)


一同   他にはなんかないの?




こいつネタの宝庫だわ。と思った一同は彼(仮)に興味深々。



最初のを越えるやつを皆期待していた。



あのねー昔なんですけどぉ、親父がねー人殺したんすよー




一同  ・・・・・・






これは笑えない。笑い話に持っていけない。



もういい。もういいよ。


心の中で思った。


そんな俺の気持ちを無視するかのように彼はまくしたてる。



いやねー実家のねー借金がすごいんすよー





もうここまで骨太な人生を経験してきていると、とりあえず笑って終わろう。そんな風に思わされた。




どこに借りてんの?とか、もうどうでもいい話で無理やり盛り上がりました。




しかし、結局、そんな彼(仮)も彼女(仮)が引越しするから付いていくということで、一週間くらいで辞めてしまいました。



とりあえずインパクトだけを残し・・・
[PR]

# by tokura_yo | 2005-09-23 03:48
2005年 09月 10日

なつめだまさなお

身内ネタ。


昔なつめだまさなおというやつがいました。



こいつは小学生のくせして何かあるごとに決まってある言葉を言い出していた。



それが、



[ここで一句!]



そのあとたいしたことのない俳句を披露するわけだが、俺は俳句の内容うんぬんよりも、なつめだが言うこの言葉が好きだった。




この台詞を言う前になつめだは決まって腕を組み何か考えてるフリをするので(俳句内容からして対して考えていない)俺はその瞬間ひそかに来たーと思っていた。




なつめだは少しぽっちゃりしていて、目がくりっとしていて、おかっぱだったので、



漫画のキャラみたいなやつだった。




今思い出してもちょっとおもしろい。






あ、でもなつめだちょっといじめられてたかも・・・




元気にしてるかなぁ・・
[PR]

# by tokura_yo | 2005-09-10 02:14
2005年 09月 08日

やさしさライセンス

女の人にやさしいねーなんていわれると照れるし、ちょっとどう返して良いのか困る時がある。


正直あんまり言われたことはないけど・・・



だって大概の男は女に対してやさしく接するでしょ。



気がある相手はもちろん、気がなくても普通の男なら大体優しいねと言われるような行為はやったことがあるはず。




だから、優しく接するというのは普通のことのような気がして、それを改めて面と向かって言われるとうれしくないわけではないが、ちょっと微妙である。



そんな時、昔ガキでまっちゃんが言っていたやさしさライセンスが本当にあれば、簡単に言葉を返すことができるのになぁ。



ほんと優しいよねー!何級?



いや~自分先月二段取ったとこなんで・・・へへへ



まじで~!やっぱり~ははは



ってな具合。
[PR]

# by tokura_yo | 2005-09-08 12:57
2005年 09月 07日

逆ベクトルの極み

つい先日新幹線で横浜まで行きました。



その時に腹が立った出来事。



俺の席は三列並んだ真ん中でした。



断固窓際主義の俺はその時点で少しいらっときました。




俺の右横の窓際にはおっさん。



左横には見た目加齢臭のきつそうなおっさん。




おっさんに挟まれた俺は多少ムカッとしました。




けれど、そのくらいではべつにどうってことありません。



大人ですから。



しかし新大阪をでて五分したくらいで俺は本気で腹が立ちました。



というのは、左横の見た目いかにも加齢臭のきつそうなおっさんから高貴なおコーヒーの香りがしてきたのです。




これには腹が立ちました。



臭そうなおっさんがコーヒーを飲み、その残り香がおっさんから漂ってくるのです。



しかもそのコーヒーの匂いがまたかぐわしく、セレブが飲んでいそうなとても品のある匂い。



ゆえに絶対にありえない組み合わせ。





まさに逆ベクトルの極みです。



まだ本当に加齢臭がきつい方がましです。




だいぶ腹が立ったので、その人がウトウト眠ろうとしている時に、ボソッと



逆ベクトルの極みですね。と言いました。



すると聞こえていたのか、



は?



と言われました。
[PR]

# by tokura_yo | 2005-09-07 00:26
2005年 09月 04日

一緒に秦野に行かないか?

こんな題名のメールがおとついくらいに届きました。


父からでした。


秦野というのは父の実家、すなわち俺にとってのおばあちゃんが居るところです。



よくよく考えてみると父方のおばあちゃんには三年くらい会ってない。



以前から耳と足が悪く、さらに少しぼけが始まっており、最近になって入院したという話を聞いた。



そこにきて体調が思わしくないということだから、なかなか実家に帰ろうとしなかった父も帰る気になり、どうせ暇だろという理由で俺を誘ったというかんじだ。



俺は週6でバイトに入っており、暇なんかではないが、なぜかこの誘いがあった時、よし行こうという気になった。




おばあちゃんはもう80を超えている。




縁起でもないが、いつお迎えがきてもおかしくない年齢だ。




父方のおじいちゃんは俺の兄が生まれる何ヶ月か前に死んでしまった。



母方の方は二人とも未だに元気である。



なのでうれしいことに俺はまだ身内の死というのを経験していない。




そして現時点で普通に考えれば、おばあちゃんが一番死に近い存在である。



親の死というのは、誰もが経験する最大の恐怖である。みたいなことを東京タワーのなかでリリーフランキーはいっていた。



俺にとっておばあちゃんは親ではないが、父にとっては親である。



この関係は何年たってもかわらない。




父はたぶん俺以上におばあちゃんに会ってないのではないだろうか。



香川と神奈川。そう簡単に会いにいける距離でもない。



久しぶりに会う母の衰えた姿を見て父は何を思うのだろう・・・




俺自身なにかここで行かなかったら後悔しそうという気持ちもあった。



それはたぶん父も同じように考えているだろうもしかしたら最期ということを感じているからなのかもしれない。



もちろん俺はおばあちゃんが長生きしてくれることを切に願っているが、現実は理想よりも厳しそうだ。



とりあえず就職内定の報告も兼ねて見舞いに行ってこようと思います。
[PR]

# by tokura_yo | 2005-09-04 01:53
2005年 09月 03日

いい音楽との出会い

たまに、自分の中でがつんとくる音楽と出会うときがある。



やられたという感じ。



思えば最初はオアシスだった気がする。



洋楽のオムニバスみたいなものを友達に借りて衝撃を受けた。



あのときの気持ちってなんなのかしら。



とにかく曲名とアーティスト名を知りたくてたまらないという感じになる。



例を挙げればきりがないけど、思い出深いもののひとつは、初めて筒井と行ったスカバーでベティが流れた時のこと。



終わったあとに二人で興奮しながらDJに、あれ誰ですかー?とききに行った記憶があります。





なんでこんな話かというと今日も衝撃とまでは行かないけど、ええわ~という音楽と出会いました。



レコ屋の視聴であったんだけど、そこは売り切れで、他のレコ屋も探したんだけど、なくて、友達にネットで調べてもらったら普通にネットで買えるっていう・・・やっぱネットはすごいねっていうそういう話ではないけど、でも無事手に入れることができてよかった。



んで今日は、帰りに筒井のバイト先にお邪魔しました。



夜7時にもかかわらず、俺以外全く客がいないという繁盛していないお店のおかげで、久しぶりにいろいろと話すことができました。





う~んまたスカバーでもいきたいですな~
[PR]

# by tokura_yo | 2005-09-03 01:51
2005年 08月 27日

かっぺのおのぼり日記

生まれは神奈川育ちは香川。



まぁ俺の故郷は間違いなく香川県である。



ただ、親戚は神奈川にいるので、ちよくちょく遊びに行ったりしていた。



高校生になり、初めて一人で行ったときの話。



おばぁちゃん家に行ったんだけど特にすることがなかったので、どうしようと親戚のおばさんに聞いたら、じゃあ横浜にでも行ってきたら?というのでとりあえず一人で行ってみた。



横浜駅に着いたもののどこをどう行けば良いかわからず、とりあえず電話でおばさんに、なんか若者が行きそうなところを教えてよ!と聞くと、マルイでも行けばというので、詳しい位置を教えてもらい行く事にした。




ところが確実に教えてもらった場所に行ってもマルイとやらが見つからず、仕方なくもう一度おばさんに電話した。



ちょっと!確実に言われたとこに着いたけどマルイなんてないんだけど・・・




なんでよ!そこの前に絶対あるわよ!




だってないんだもん!




よく見なさいよ!




んなこと言ったってこの前にはオイオイしかねぇって!!(ちょい怒り気味且つでかい声で)








・・・それがOIOI(マルイ)だよ。






その後三分間ほど電話越しで大爆笑され、さらに一言。




あんたがオイオイだよ。








今でもたまにそのおばさんに会うと、今回はオイオイ行かないの?とからかわれます。
[PR]

# by tokura_yo | 2005-08-27 02:15
2005年 08月 24日

東京タワー

月並みですが本を紹介します。



リリーフランキーの「東京タワー」です。




リリーフランキーの本は何冊か読んだけど、これまでとは全く違った一面が見れると思います。



まぁ俺も薦められて読んだのですが・・



7回くらい泣きそうになりました。





ちなみに蛍の墓では3回くらい泣きそうになりました。
[PR]

# by tokura_yo | 2005-08-24 01:27
2005年 08月 22日

2005  無人島

今日は普通に日記書きます。


8月19日にここ毎年行っている無人島に今年もいってきました。


いつもは無人島で夕方まで遊び、いったん友達のばぁちゃん家に戻ってからバーベキューをやるというコースだったんだけど、今年は無人島でバーベキューをやろうということになり、前日から用意して意気揚々と乗り込みました。


行ってから買い忘れたものがあったりと、少しドタバタしたんだけど、それでも二時頃には泳ぎ始めることができました。


やっぱり海はいいね。時期が時期だけにクラゲをしんぱいしてたんだけど、うれしいことに全然おらず、めいっぱい楽しめました。


あと無人島で飲むビール最高。


予定どおりバーベキューもやってたんだけど、五時ごろに夕立?見たいなのがあって、これはまずいということで、緊急の撤収を余儀なくされました。



宴の最中の突然の撤収だったので、ちょっと名残りおしかったけど、めちゃめちゃ雨が降る中で、皆で必死で撤収するのもちょっとおもろかった。



ただ、中途半端で終わってしまったので、例年と同じように一旦ばぁちゃん家でシャワー浴びてゆっくりしたあと第二部の宴が始まりました。


これも海の側なので、どっちにしろ最高でした。



そこから途中参加で懐かしい顔も登場したりして、宴のよるはゆっくりとふけていきました・・



その時の写真を少し載せたいと思います。







d0062712_1318217.jpg

                       真信号ズのみなさん










d0062712_13194491.jpg


                       へっぴり腰のブルー






d0062712_13221791.jpg

こんなゆっくりとながれる感じがいい。ちなみにずっと音楽かけてたんだけど、やはりというか少年時代は完璧にはまってました。


d0062712_1326368.jpg

                          昔からこんな感じ


       





あ、そうそう。急いで撤収したあと雨上がりの空にきれいな虹がかかりました。
d0062712_1330124.jpg






PS みんな~ 来年はもっとがっつり集まって、今年以上に楽しみましょう。
[PR]

# by tokura_yo | 2005-08-22 13:46