スバラ式世界

tokura.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 06日

友達はメカマニア

俺と小学校からの付き合いである村井はメカが大好きだ。


小さい頃から好きだったのではなく、大学のある時期を境に妙にメカにはまりだした。


ターンテーブルやコンポ、アメリカ限定のウォークマンやコンポ、電子レンジや扇風機にいたるまで、かっこいいメカをみつけると買っている。


最近は普通のパソコンを持っているのに、ビジュアルが気に入らないらしく、アップルの最新のパソコンをお買いになられたそうだ。



最近はやりのi pod?


ノンノン!彼ぐらいになると世代ごとに買い揃えていました。


でも彼はとても気前がいいので昔のi podを俺に格安の値段で譲ってくれました。



三台ほど買われた後、彼自身お気づきになられたらしい・・・



あまり意味ないと。



しかし、彼のメカに対するこだわりが無くなったわけではない。



「そうだねぇ、次に狙っているのは7万くらいするダイソンの掃除機だねぇ」と彼は淡々と語る。



彼のメカに対する探究心はとどまることをしらない・・・
[PR]

# by tokura_yo | 2005-06-06 15:48
2005年 06月 05日

パラドックス論

パラドックス論・・・・ 相互に矛盾する命題がともに帰結し得ること。また、その命題。 大辞林


さてここで問題です。


友人三人でレストランに食事に行きました。三人が頼んだものは同じで一人1000円のランチです。


食事を食べ終わり、精算のためレジで一人1000円ずつ払いました。しかし、友人の一人と料理長兼オーナーが知り合いだったので、三人で500円まけるようにバイト君に指示しました。



しかしこのバイト君、三人で500円じゃあ割り切れないし、200円頂いてもばれはしないだろうと考え、200円を自分の懐に入れ、残りの300円を三人に返しました。



結局三人が支払ったのは900×3=2700円ですが、バイト君が懐にしまった200円をたしても、もともと払った3000円にはなりません。しかし誰もおかしいとは、思っていません。


この矛盾わかりますか?
[PR]

# by tokura_yo | 2005-06-05 15:45
2005年 06月 04日

炎の画家

今日は友人とゴッホ展に行ってきた。


正直そこまで芸術には詳しくないし、ゴッホは孤高の画家と呼ばれているのに、それを炎の画家だと本気で勘違いしていたぐらいだったけど、やっぱり本物を見ると、素人目にもそのすごさは感じとれた。



だけど、ここでいちいちそのすごさを素人の俺がどうこういうのも野暮だと思うので、少しでも興味がある人は自分の目でみて、そのすごさを感じて下さい。



彼は孤高の画家と呼ばれているだけあって、周りの人と衝突が絶えず、変態扱いをされていたらしい。若い頃に実の父親に精神病院に入れられたり、これは有名だけれどもゴーギャンと衝突した際に自分の耳を切り落としたり・・・



最終的には37歳の若さで自殺した。大雑把過ぎるけどそんなエピソードからも彼の奇人ぶりを伺えることができる。



ピカソやダビンチもそうだけど、偉大な芸術家っていうのは、やっぱりどこか変わっていて常人とは少し違った感覚や考え方を持っているんだと思った。




d0062712_20504310.jpg




写真はゴッホが浮世絵の影響を受けて描いた作品。


ちなみにこのゴッホ展にはゴッホだけでなく、モネやセザンヌ、ゴーギャンといったゴッホが影響をうけたり交流のあった画家の作品も展示されており、ゴッホがその短い画家人生の中で、どんな風に変貌していったかをたどることができる。
[PR]

# by tokura_yo | 2005-06-04 21:04
2005年 06月 03日

露骨ななー

以前行った面接での事。


たいして志望度は高くなかったけど、面接というものの雰囲気を味わうべく、とりあえず受けてみた。


五人のグループ面接で俺は一番右端だった。


最初に志望動機を聞かれたが、たいして考えてもいなかったので、明らかに他の四人よりも志望動機が弱い事は俺自身も感じていた。


その後の質問にもなんとなくで答えていたのだが、最後にウチに入って具体的に何がしたいのかを面接官は聞いてきた。


まったく考えていなかったのであせったが、左端の人から順に聞いてきたので、とりあえず、ない知恵絞って必死に考えていた。


そして俺の前の人が言い終わり、いよいよ俺の番というときになって、いきなり面接官が資料を整え始め、こうほざかれた。





「え~それでは合否は追って連絡します。本日は皆さんお疲れ様でした。」


    

    

    

は?







一瞬びっくりして訳がわからなかったが、その"皆さん"の中にすでに俺が入っていないのだろう事実を察知し、何もいえないままその場をあとにした。




面接中に面接官に無視されるなんて後にも先にもここだけです。
[PR]

# by tokura_yo | 2005-06-03 18:01
2005年 06月 02日

うんこ貯金

たまに実家に帰ると、必ず散歩に行く。


昔から散歩が好きなんだけど、一人で散歩すると、見た目的にも精神的にもさびしいので、一緒に実家で飼っている犬を連れて行く。
d0062712_1895729.jpg


親には散歩行ってくれるの?ありがと~と感謝されるし、俺の田舎散歩欲も満たされ一石二鳥なんだけど、この馬鹿犬にはちょっと変わった癖がある。


それが、うんこ貯金。


自分の犬小屋の周りにうんこをするのだ。犬を飼っていない人は知らないかもしれないけど、基本的に外で飼われている犬というのは、おしっこもうんこも散歩中に行う行為なのです。



母親に聞くと毎日きちんと散歩には連れて行っていると言うし、周りのうんこを片付けても、次から次へと馬鹿犬がするため、うんこが貯まってから一掃することに決めたらしい。



ただ、正直それだけのことなら、たまにしか散歩に行かない俺がそこまで言うこともないんだけど、俺が散歩に連れて行こうと周りのうんこに注意しながら犬小屋に近づくと、そのうんこを何回踏んだかもしれない前足で飛びついてくるのだ。


飼っているものとしては、すごくうれしいことなんだろうけど、俺の場合は、うんこが迫ってくるとしか思えないわけです。


一回、白のTシャツで散歩に行こうとしたとき、案の定飛びつかれ、その部分が微妙に茶色がかった。














あ、利子が付いた。
[PR]

# by tokura_yo | 2005-06-02 13:46
2005年 06月 01日

思い出ビューティー

たまにテレビ番組でやっている昔のヒット曲のランキングなどを見ていて、「あ、昔の曲っていいなぁ」と思うときがある。人に聞いてみると結構皆そう思っているらしい。



なんでかなーとずっと考えていて、つい最近パッと頭に1つの結論が浮かんだ。それは、人は過去を美化させるから。でないかと思った。



当時のヒット曲を耳にすることで、昔を振り返り、なんとなく美化された思い出をやんわりと頭の中で思うことによって、懐かしいと感じ、当時はさほどいいと思った曲でなくても、数年後に当時の曲を聞くと、よく聞こえてしまうということです。(感覚的な表現が多いことはこの際よしとします。)


過去を振り返るのに当時の音楽っていうのは簡単な道具で、その点でもやっぱり音楽ってスバラしいんだわ。



同時に平成何年のランキングなどといった具体的な年数が表示されると、「この当時、俺いくつだったっけ?」というおきまりの逆算が始まったりもします。
[PR]

# by tokura_yo | 2005-06-01 13:08
2005年 05月 31日

20050531

思ったことを暇なときに書いていければと思っています。
[PR]

# by tokura_yo | 2005-05-31 22:21 | お知らせ